dbマイグレーションツールは新規データベースに移行する際にも利用できます。新規データベースを利用するケースは主に2つです。

1つはバージョンアップ、もう1つはハードウエア変更に伴うデータベースの入れ替えです。

データベースのバージョンアップでdbマイグレーションの役目はテーブル定義の確認と実装、データコピーです。

バージョンアップでは旧バージョンからの移行も考慮されているケースが殆んどですが、中にはデータのコンバートが必要になるケースも多々有ります。

dbマイグレーションの有益な情報をお届けします。

利用していた定義が利用できなくなっている場合にはアプリケーション側での修正も必要になってきます。

また、dbマイグレーションツールではデータのコピーは自動化できるケースがほとんどです。その際、コンバートも必要であれば自動でテーブル定義からデータを修正してくれる機能も追加されているケースが多いです。

ハードウエア変更に伴うデータベースの移行については同バージョンを利用するケースがほとんどですが、データベースのバージョンアップも兼ねているケースもあります。

All About関しての情報探しを行うならネットが便利です。

どちらの場合でもデータの定義などの修正を含めてツール任せにするケースが多いですが、中にはデータベースベンダーの変更もするケースもあります。



データベースのベンダー変更については使えるテーブル定義があるかが重要です。
デーブル定義についてはデータベース固有の定義を利用するケースがありますが、ベンダーによってはコンバートが必要なケースもあり、ツールによってコンバートさせる設定をするケースもあります。